グルコサミンとコロイドチンが関節の痛みにおすすめな理由と医学的根拠

グルコサミンとコロイドチンは膝の関節痛に効果ある?

*

グルコサミンとコロイドチンをお得にお試しするために

腰、ひざの痛みに悩んでいる人は多いと思います。

年齢による関節痛の痛みの他に、寒くなると古傷が痛む場合など、痛みには色々な原因があります。

しかし湿布を貼ってしばらく様子を見たけれど、痛みが引かないのは辛いもの。

関節痛やリウマチの治療にもグルコサミンとコロイドチンが活用されているとのこと。

テレビCMや雑誌で紹介されているグルコサミンとコロイドチン。

市販のドラッグストアにも色々なサプリメントが売られていますが、ネットならお試し価格でお得に購入することができます。


>>大正グルコサミン コロイドチン&コラーゲン 定期購入初回1,000円

グルコサミンの働き

骨と骨の摩擦を軽減してくれる軟骨は、日常の動きに合わせて、日々すり減っていくとのこと。

すり減った関節の軟骨を修復してくれるのが、グルコサミンという成分。

しかし、グルコサミンは年齢と共に減少していくと言われています。

グルコサミンは、カニやエビの殻に多く含まれている成分。

サプリメントなどでグルコサミンを摂ることによって、関節痛をやわらげることができると考えられています。

グルコサミンの効果

グルコサミンの効果は、欧米では古くから関節痛をやわらげる効果があるとして認められているそうです。

グルコサミン1500mgを3年間摂取した結果、ひざ関節の痛みが軽減したとの論文が公表されているんだそう。

日本でも、グルコサミンの科学的根拠の実証法など研究が進められています。

コロイドチンの働き

私たちの体内に存在するコロイドチン。

コロイドチンの名前の由来は、ギリシャ語で「軟骨」を意味する「コンドロス」からきています。

コロイドチンは関節軟骨の潤滑性のある成分として知られていますが、水分を保持する効果はヒアルロン酸以上と言われています。

コロイドチンを体内で合成する力は、60代では20代の約4分の1まで減少すると言われています。

コロイドチンの効果

アメリカリウマチ学会において、「コロイドチン・グルコサミン混合剤は、消炎鎮痛剤よりは弱い効果であるが鎮痛効果がある」ことが示されたとのこと。

また長期間のコロイドチン服用も、大きな副作用の心配はないとのこと。

軽度の関節痛などについては、コロイドチン・グルコサミンの服用が痛みをやわらげる効果があります。

グルコサミンとコロイドチン配合のサプリメントを紹介します。

Copyright© グルコサミンとコロイドチンは膝の関節痛に効果ある? , 2016 AllRights Reserved.